「ほっ」と。キャンペーン

NA7_VoLTE

ADA 60P ~90日経過報告

クリスマス寒波。

寒かったですね~

この寒波、ほぼ全国を覆ったそうで
東京から全国放送で‘寒いですね~’を連発するリポーターの方々…


あ、そこ寒くないですよ~


寒いとはこういう事を言うんです!
a0291347_22223259.jpg

ま、まいなす…じゅ、じゅうはち…Σ(゚Д゚)


朝、出勤しようと外に出ると顔が一瞬で痛くなりまして(‘冷たい’じゃなくて‘痛い’です)…
車に乗り込み外気温計を見るとこの有様(笑)

一瞬車の温度計が壊れたかと思いました…でもたぶん合ってる…




で、今日の本題。

150wのヒーター全開でも仕事から帰ると水温21℃まで下がっている60P(笑)
これからの季節は300wクラスのヒーター要りますな…



■全景
a0291347_22312175.jpg

前回のレポート(65日経過報告)と見た目はそんなに変わっていません(^^ゞ

後景はトリミングして間もないです。
一部は水草ストック水槽で増殖中です。


この間にあった出来事と言えば…



■ヘアーグラス(組織培養カップ)の追加
a0291347_22332467.jpg

グロッソ単栽の全景に飽きて追加しました。



■株分けして植えます
a0291347_2234475.jpg




■植栽後
a0291347_22351325.jpg

全然分かりませんねwww

ま、そのうち分かるって事で(^^ゞ


なお、この組織培養カップについては手抜きアクアリウム日記のore89さんが
熱く語っておられるのでとても参考になります!

(この記事を読み終わった後に)ぜひお読みになられて下さい!



■リシアの追加
a0291347_22414163.jpg

ストック水槽用に購入したリシアですが
次期水槽の前景はグロッソ&リシアの混栽を予定しているので
テストも兼ねて60Pにも投入ですwww



■これは分かりやすい(笑)
a0291347_22435893.jpg




■クリプト群も順調ですwww
a0291347_22444594.jpg




■Cry.ウェンティ・ミオヤ
a0291347_2246496.jpg

もうすぐ水面まで到達するんじゃね!?ってくらい伸びてます…

クリプトはCO2なくても問題なく育ちますが、CO2を入れると大きさが全然変わります…
同じ種をCO2なしのラミ水槽にも入れていますが、向こうは小さいです。



さて、今日のもうひとつの本題…

一見順調そうに見える水槽ですが…大問題が起ころうとしています…



■グリーンロタラ
a0291347_22502118.jpg

先日3回目のトリミングを行いましたが、2回目のトリミング以降
明らかに育ちが悪くなりました…

新芽の発芽も遅いし、生長速度がロタラの‘それ’ではありません…

モサモサ感どころか下葉が枯れ、むしろスカスカになりつつあります(@_@)



■2回目のトリミングからほとんど生長していない新芽
a0291347_22561799.jpg

こっ、これはカリウム過多かっ…Σ(゚д゚lll)

低床に入れたイニシャルスティック(適量の2/3の40g)の投入が多すぎました…orz


イニシャルスティックの窒素-リン-カリウムの配合比率は1-0.5-25+微量元素。
要はカリウムの塊です。


これでも多いかな…と一瞬思いましたが…
栄養系ソイル(アマゾニア)+パワーサンドの低床ですが、水草も立ち上げ時からまとまった量を植栽したので
大丈夫だろ…と思い入れてしまいました…


アマゾニア+パワーサンドの組み合わせは想像以上にカリウム分を
放出しているのかっ!!!

パワーサンドを使用するのは今回が初めてですので…


ちなみにカリウムの添加液、ブライティKはセット後16日目から投入を開始し、
イニシャルスティックの効果が現れ始めた40日目前後からは一切添加してません。


カリウム過多…

なぜいけないのでしょうか?


そもそもカリウムとカルシウム・マグネシウムは拮抗関係にあります。
ですのでカリウムが過剰した場合、拮抗関係にあるカルシウムとマグネシウムが欠乏します。


そうなると今度は
水草のリンの代謝が悪化→窒素の代謝も悪化→水草が生長しない→
窒素・リンが余る→コケる

という完全に負のスパイラルに陥ります…


特にソイルは陽イオン交換によりカルシウムイオンを吸着するので硬度が下がります。
つまりは軟水になります(カルシウムとマグネシウムが少ない)。


軟水はほとんどの水草の生長に適していますが、
この様な軟水の環境下では、拮抗関係によりカリウム過多の環境が出来やすい
という事が言えると思います。


軟水の場合、水草のカリウム要求量は少なくなると前々記事に書いたのはこの為なんですね~



さて、どうするか…

現状の対策案として

① 多めの換水によりカリウム分を排出する(根からの吸収については防げない)
② 硬度を上げる(カリウム要求量を上げる)
③ 差し戻しをする
④ 低床を作り直す(まさかのリセット!)
⑤ 見なかった事にして放置する

こんな対策しか思い浮かびません…



なんだか後半は読むのが面倒な記事になりましたが、
これから色々と対策を考えて行きたいと思います(笑)


こんな方法があるよって方はぜひ教えてください!

そもそもカリウム過多じゃない!って方もいればぜひ(笑)




↓長期維持にはみなさんの応援が不可欠!って事で…

↓ポチっと
にほんブログ村 観賞魚ブログ ネイチャーアクアリウムへにほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
↑押したら凄い事になるっ!かも…
[PR]

by ferrari0709 | 2012-12-27 23:49 | ADA 60P
<< 2012年 総集編 水草ストック水槽の立ち上げ ~後編 >>